2016/04/06

★☆ まぶたが重く垂れ下がってくる眼瞼下垂が「えぇ〜〜!なんで〜〜!!」☆★ 口コミの多い鍼灸院高度整体 岐阜県岐阜市

【眼瞼下垂】
本日の新規の患者様は 30代の独身女性
お悩みは「眼瞼下垂(がんけんかすい)」
まぶたが重く垂れ下がってくる病気です。
見た目はいつも眠たそうな半目の感じです。
     
5年くらい前からのお悩みで、
■まぶたが腫れぼったい
■額にしわが寄るようになった
■黒目がいつも上に向くようになった
それに伴い、目の下にクマが出来るようになった。
と、徐々に症状が増えてきて、
整形外科で「眼瞼下垂」と診断を受けた。
治療法は上瞼のたるんだ分を切り取るオペのみ。
          
このオペは技術差が多く、
不自然さがめだつものが多いと、
手術だけは嫌と、
色々調べ、針治療が有効と、
大阪の中国の方がされている治療院に
行かれました。

「これは冷え症からですね」
と全身に針治療をうけ
楽になった感じがあったが、
片道160kmの毎週通院は困難と、
当院を探し当てたとの事。
         
※それでも片道車で50分かかる道のりです。
※遠いところを本当によく来てくれました♪
           
症状的には、外見半目になるほどの強い下垂ではないが、
早速お身体のチェックをすると、
なるほど、まぶたが下がるのを防ぐ為に、
眉毛が上がり、額にシワがよりやすく
なっている。
        
頚肩の状態や、内臓の状態、腰の状態、足の状態、
いろんなところから眼瞼下垂の症状が起きているのがわかった。
         
まず手始めに、
後頭部の操作を行うだけで、
まぶたの開け閉めが軽くなったっと大喜び♪
        
次に足の調整で
さらに楽に・・・
他にも他にも・・・
      
「え~~~!!!」
『なんで====っ!!』
         
本日の手始めの調整のみで
額のしわも出なくなり、
まぶたも楽々♪ 身体軽々♪
          
いっぱい感動されておりました♪
「来てよかった~~~~」
うれしい言葉です♪





【一人で悩まないで ご相談下さい】
坐骨(座骨)神経痛、ぎっくり腰、急性腰痛、慢性腰痛、捻挫、
難治性腰痛、かなかな治らない腰痛、腰痛専門治療、
腰椎椎間板ヘルニア、脊柱間狭窄症、腰椎分離症、腰椎すべり症、
緊張性腰痛、筋筋膜性腰痛、椎間関節症、ストレス性腰痛、
妊婦の腰痛、生理による腰痛、足のシビレ、つっぱり などなど
マッサージ、整体、はり、きゅう、カイロプラクティック、美容

子連れでも安心 お子様プレールームあり:事前にご連絡くださいね♪



昭和12年開院 鍼灸マッサージ整体治療院
SaMメディック
岐阜県 岐阜市 宇佐南2-11-5
058-216-4177

http://sammedick.blogspot.com/p/top.html

Afro Japan 合同会社

ハートtwitterも絶好調♪ハート

院長のfacebookfacebook
お友達になってね♪
SaMメディックのfacebookfacebook
「いいね!」押してね♪

ブログ好評中
PCHP
ハート美尻専門 美脚サロン こじりchan ハート

0 件のコメント:

コメントを投稿